かぬま 新着情報

初午献立

栃木県の初午と言えば、「しもつかれ」です。
「向こう3軒、両隣2軒分食べるんだよ」「7軒の家のしもつかれを食べると、病気にならないんだ」
など、利用者様の教えてくださった言い伝えは様々ですが、無病息災を祈って食べられている伝統食です。

かぬま四季の里でも、調理師さんが腕によりをかけて作ってくださいました。
「美味しいね。やっぱり初午にはしもつかれだよ」と皆様真っ先に召し上がられていました。

また、「食べた分だけ願い事が叶う」と言われている、初午いなりも合わせてご用意いたしました。
こちらも大好評で、普段はお粥を食べられているY様は見事3個完食!「もっと食べたいくらい」と素敵な笑顔をくれました。

150211161725