かぬま 新着情報

3月の認知症カフェ「カフェの日」の報告

平成29年3月13日月曜日は、久しぶりに認知症カフェを開催しました。

かぬま四季の里に入居していた方のご家族に、100歳のお母様の見取り介護の経験をお話していただきました。
かぬま四季の里のショートステイをご利用しているご家族、かぬま四季の里デイサービスをご利用している方とご家族、
かぬま四季の里に入居している方、そのご家族、地域の福祉レンタルの事業所の方、まろにえ四季の里の職員の皆様
など多くの地域の方がお越しくださいました。

県議会の議員の方にも来ていただきました。ありがとうございました。

吉國様に見取り介護のお話をしていただくのは、4回目となります。

地域の方向けのお話になりますので、私たちも半年以上時間をかけて準備してまいりました。
人生を生き抜くためには、生きているときに自分を意思を発信することの大切さを
教えていただきました。

また、最新の機器(介護ロボット)の展示会も同時開催いたしました。施設用、在宅用どちらも使用できる
見守りロボットです。
睡眠時間、心拍数、体重など健康チェックもできる見守りロボットです。

職員の皆さんは、真剣な表情で聞いていました。
来年度も、認知症カフェを実施してまいりますのでよろしくお願いいたします!